JP BANKカードでは、ゆうちょ銀行のキャッシュカードとしての利用ができるだけでなく、クレジットカードとしての利用をすることもできます。
このJP BANKカードのクレジットカードとしての利用は、利用限度額の範囲内での利用となります。
いくらでも利用できるというわけではありません。
JP BANKカードの利用限度額は、10万円から80万円までと決まっています。
この範囲内での限度額となります。
また、JP BANKカードには、キャッシングサービスもあります。
キャッシングとは、単純にお金を借りることが出来るサービスです。
このキャッシングサービスをするにも、限度額というのが設定されています。
このキャッシングの限度額は、0円から30万円までに設定されています。
この利用限度額は、利用者によって異なります。
新規でのJP BANKカードを入会した方は、最初は低い限度額設定となることが多いです。
JP BANKカードの利用限度額の設定は、利用者の信用状況によって決まります。
信用状況とは、利用者の方のJP BANKカードの利用状況や、返済状況、他社でのクレジットカードの利用などによって変わります。
他者での利用状況は、信用情報機関への照会で確認を行います。
この確認作業で、クレジットカードでの利用状況がすべて分かります。
仮に他社からの借入れが多数ある方は、利用限度額を上げることは厳しいでしょう。
また、極端にひどい場合は、JP BANKカード自体が解約となってしまう場合もありますので、ご注意下さい。
では、JP BANKカードの利用限度額を上げるにはどうすれば良いかというと、特に特別なことをする必要はありません。
日々JP BANKカードを利用して、その支払いもしっかりと行うだけで問題ありません。
この日々の利用の積み重ねで、自然と信用は付いてきます。
すると、JP BANKカードの利用限度額も上がるというわけです。
しかし、JP BANKカードを利用して、返済もしっかりと行っていても、利用限度額が上がらないケースもあります。
その理由の1つとしては、他社のクレジットカードを多数所持している場合です。
利用がなくともクレジットカードを多数持っていると、1つ1つのカードに対して利用限度額が設定されています。
JP BANKカードの限度額も合わせて高額となる場合は、限度額を増やせない場合もありますので、ご安心下さい。
このように、JP BANKカードの利用限度額は、信用によって上げることが可能です。
もし増枠を希望の方は、日々JP BANKカードを利用することをオススメします。