使えば使うほどお得!オトクな情報お届けします!

JP BANKカード 解約について

JP BANKカードは非常に便利でお得な機能を持っているカードであるが、諸事情によりJP BANKカードを解約するとなった場合の方法を記載します。
一般的なクレジットカードの解約手続きは、電話で解約の旨を伝えて終了となるケースが多いですが、JP BANKカードは違います。
まずJP BANKカードはゆうちょ銀行のキャッシュカードとしての機能もあるため、クレジットカードだけのカードとは解約方法が違います。
JP BANKカードを解約するには、所定の解約申込み書に記入を行い、通帳とJP BANKカードを持って、取り扱い本店等に提出しなければなりません。
ですので、JP BANKカードを解約するには、まず営業時間内に本店等に行かなくては解約することが出来ないというわけです。
もちろんどうしても本人が行けなくとも、代理人を立てて行う方法もありますが、一般的ではありません。
JP BANKカードを解約するなら、時間を作って出向いての解約となります。
また、JP BANKカードを解約するにあたって注意点があります。
まず、当然ですが、今まで貯めたポイントは失効となってしまいます。
JP BANKカードで貯めたポイントが多数ある場合は、景品や提携会社のポイントへと移行をしてから解約するようにしましょう。
さらに、ETCカードのような付属カードもお持ちの方は、そちらも解約になります。
ETCカードを所持している方で、ETCマイレージに登録している方は、番号を控えて移行手続きをするようにしましょう。
また、JP BANKカードでのお支払い残高が多数ある方などは、解約する前に確認をしておきましょう。
解約と同時に一括請求となる場合もありますので、懐事情を加味して、JP BANKカードを解約をするほうが良いです。
このように、JP BANKカードを解約するとなった場合には、色々な手間が掛かってしまいます。
しかし、JP BANKカードは年会費が条件付で無料になりますし、お得なサービスがたくさんある為、特別な理由がなり限り、解約する必要性はないと感じます。
ぜひお持ちの方は、利用されることをオススメします。

JP BANKカード ETCについて

高速道路を利用する際に、ETCカードを皆さんは利用していますか。
ETCカードの利用をすると、利用していない方よりも圧倒的にお得になっています。
そのお得になるETCカードが、JP BANKカードから発行をすることができます。
JP BANKカードからETCカードを発行する際は、年会費が無料です。
お申込みをする際も、JP BANKカードを既にお持ちの方であれば、特に審査などもなく発行してもらえます。
また、JP BANKカードをお持ちでない方は、合わせてお申込みをする必要があります。
その際は、クレジット審査となります。
そもそもETCカードとは、高速道路の利用に便利でお得なカードとなっていますが、お得な点としては、まず高速道路の利用料金が、30%から最大で50%もお安くなります。
また、料金所の通過の際には、止まることなくスムーズに通行することができるのです。
今日本では、高速道路を利用する方の約7割の方が、ETCカードを利用しています。
ETCカードは最早、必須アイテムと言えるでしょう。
また、JP BANKカードからETCカードを発行した時には、ETCマイレージサービスへと忘れずに入会しましょう。
このETCマイレージサービスとは、高速道路を利用すればするほど、ポイントが貯まります。
この貯まったポイントというのは、高速道路の利用代金へと充てることができるのです。
ETCカードにはこんなお得なサービスもありますので、ぜひ入会しましょう。
このサービスへの入会は無料です。
しかし、自分から入会をしないと、このサービスを受けることができませんので、ご注意下さい。
ETCカードの利用限度額ですが、これはJP BANKカードの利用限度額内となります。
利用した分のお支払いもJP BANKカードと合わせてのお支払いとなります。
このようにETCカードは非常に便利でお得なカードですので、JP BANKカードをお持ちの方は、ぜひETCカードもお作りしましょう。
また、JP BANKカードもお持ちでない方は、JP BANKカードと同時にETCカードのお申込みもすることをオススメします。

JP BANKカード マイレージについて

空港利用をする方に多いですが、ANAマイレージやJALマイレージを貯めるために、ANAカードやJALカードを利用する方が多いです。
マイレージクラブのマイルを貯めると、空港利用を頻繁にする方にとっては、お得なサービスがあります。
このマイレージクラブのマイルを貯めることが、実はJP BANKカードでも可能なのです。
正確には、JP BANKカードで貯めたポイントを、ANAマイレージクラブのマイルへと移行することができるのです。
それは、どういうことかを説明します。
JP BANKカードには、利用するごとに貯まるポイントサービスがあります。
これは、一般での利用では、1000円ごとに1ポイントが貯まります。
また、JP BANKカードの支払いをリボ払いにすることにより、ポイント付与が多くなったり、JP BANKカードポイントUPモールを経由してのお買い物では、さらに何倍ものポイントが付いたりもします。
こうして、JP BANKカードで貯めたポイントは、色々な景品や提携している会社のポイントやマイルへと移行することができるのです。
その移行できるポイントの中に、ANAマイレージクラブがあるのです。
JP BANKカードで貯めたポイントをANAマイレージクラブのマイルへと移行したい場合には、最初にANAマイレージクラブへの入会が必要となります。
この入会をしていないと、JP BANKカードのポイント移行ができません。
JP BANKカードのポイントをANAマイレージクラブのマイルへと移行するには、最低200ポイントが必要となります。
200ポイントえ600マイルになります。
200ポイント以降は、100ポイント単位で移行ができます。
JP BANKカードからANAマイレージクラブのマイルへと移行は、JP BANKカードのWEBサービスからお申込みをする事が可能です。
JP BANKカードのWEBサービスからのお申込みでは、約1週間程度で反映されます。
クレジットカード会社によっては、ANAマイレージクラブのマイルへと移行するのに1ヶ月も掛かる場合もあります。
このようにJP BANKカードでは、飛行機の利用に便利でお得なANAマイレージクラブのマイルへと移行することができるのです。

JP BANKカード 移行について

JP BANKカードは、ゆうちょ銀行のキャッシュサービスとクレジットカードの機能が1つになった便利なカードです。
クレジットカードとしても、非常に便利でお得なサービスが多数あります。
そのサービスの中に、ポイントサービスがあります。
このポイントサービスは、JP BANKカードを利用するごとにポイントが貯まり、その貯まったポイントで色々な景品や提携している会社のポイントやマイルへと移行することができるのです。
JP BANKカードのポイント還元率は、一般的な還元率ですが、この還元率を上げる方法があります。
それは、JP BANKカードを賢く利用することです。
JP BANKカードでの一般的なショッピングでの利用では、1000円ごとに1ポイントが貯まります。
しかし、JP BANKカードポイントUPモールを経由してのショッピングをすると、ポイントが10倍から20倍も付く店舗があります。
こうしてJP BANKカードで貯めたポイントを景品や提携会社のポイント、マイルへと移行するのですが、移行できるポイントもたくさんの会社があります。
携帯電話会社であれば、ドコモやAUのポイントに移行することができます。
どちらも最低200ポイントからの移行が可能で、JP BANKカード1ポイントあたり5ポイントとなります。
また、JP BANKカードのポイントをマイルへと移行することもできます。
空港の利用をする方にとっては、お得なマイルです。
マイルへと移行する場合には、JP BANKカード1ポイントあたり3マイルになります。
最低が200ポイントからの移行となります。
また、非常に便利な電子マネーedyにも移行する事ができるのです。
このedyへの移行は、JP BANKカード1ポイントあたり5円分のチャージへと移行になります。
最低が200ポイントからの移行です。
さらにネットショッピングがお好きな方にはお得な楽天スーパーポイントへも移行することができます。
このようにJP BANKカードで貯めたポイントは、色々な景品や提携会社のポイント、マイルへと移行することができ、非常にお得なカードとなっています。

JP BANKカード edyについて

JP BANKカードでは、色々な方法でポイントを貯めることができ、その貯めたポイントを様々な景品やポイントに移行することができるのです。
そのJP BANKカードで貯めたポイントの移行先には、edy利用に還元することができます。
そもそも、edyとは、現金をチャージしておくことで利用することができる電子マネーになります。
このedyを使ってのお買い物をすることが、近年急増しています。
edyを利用すれば、キャッシュレスでのお買い物ができたり、ポイントが貯まったりなどのサービスがあるのです。
このedyを利用できる店舗は、全国各地に存在しています。
edyのマークの付いた店舗であれば、どこでも利用することが可能です。
JP BANKカードで貯めたポイントをedyへと移行するには、最低200ポイントが必要です。
この200ポイントで1000円分のedy利用へと移行することができます。
JP BANKカードで貯めたポイント移行は、200ポイント以降は、100ポイント単位で移行する事ができます。
このJP BANKカードからのポイント移行のお申込みは、JP BANKカードのWEBからお申込みをすることができます。
JP BANKカードのWEBサービスとは、ご自身の利用状況や、ポイント残高、暗証番号の照会や変更など、JP BANKカードの利用明細や、各種確認、変更をすることができる、便利なサービスとなっています。
この便利なWEBサービスから、JP BANKカードのポイントをedyへと移行することができるのです。
このedyへと移行手数料は、無料となっています。
1回の移行できる上限ポイントは、5000ポイントと設定されていますが、それ以上行いたい場合は、何回でも移行は可能です。
手数料も何回でも無料ですので、お好きな時にお好きな分だけ移行することができます。
JP BANKカードで貯めたポイントをedyへと移行するには、お申込みをしてから約5日程度で反映されます。
ただし、このedyへの移行では注意点があります。
それは、edyへと移行した後に、そのedyを30日間利用がないと、その移行された分が失効してしまいます。
ですので、JP BANKカードからedyへのポイント移行をする際には、利用する予定がある時に移行することをオススメします。

JP BANKカード 限度額について

JP BANKカードでは、ゆうちょ銀行のキャッシュカードとしての利用ができるだけでなく、クレジットカードとしての利用をすることもできます。
このJP BANKカードのクレジットカードとしての利用は、利用限度額の範囲内での利用となります。
いくらでも利用できるというわけではありません。
JP BANKカードの利用限度額は、10万円から80万円までと決まっています。
この範囲内での限度額となります。
また、JP BANKカードには、キャッシングサービスもあります。
キャッシングとは、単純にお金を借りることが出来るサービスです。
このキャッシングサービスをするにも、限度額というのが設定されています。
このキャッシングの限度額は、0円から30万円までに設定されています。
この利用限度額は、利用者によって異なります。
新規でのJP BANKカードを入会した方は、最初は低い限度額設定となることが多いです。
JP BANKカードの利用限度額の設定は、利用者の信用状況によって決まります。
信用状況とは、利用者の方のJP BANKカードの利用状況や、返済状況、他社でのクレジットカードの利用などによって変わります。
他者での利用状況は、信用情報機関への照会で確認を行います。
この確認作業で、クレジットカードでの利用状況がすべて分かります。
仮に他社からの借入れが多数ある方は、利用限度額を上げることは厳しいでしょう。
また、極端にひどい場合は、JP BANKカード自体が解約となってしまう場合もありますので、ご注意下さい。
では、JP BANKカードの利用限度額を上げるにはどうすれば良いかというと、特に特別なことをする必要はありません。
日々JP BANKカードを利用して、その支払いもしっかりと行うだけで問題ありません。
この日々の利用の積み重ねで、自然と信用は付いてきます。
すると、JP BANKカードの利用限度額も上がるというわけです。
しかし、JP BANKカードを利用して、返済もしっかりと行っていても、利用限度額が上がらないケースもあります。
その理由の1つとしては、他社のクレジットカードを多数所持している場合です。
利用がなくともクレジットカードを多数持っていると、1つ1つのカードに対して利用限度額が設定されています。
JP BANKカードの限度額も合わせて高額となる場合は、限度額を増やせない場合もありますので、ご安心下さい。
このように、JP BANKカードの利用限度額は、信用によって上げることが可能です。
もし増枠を希望の方は、日々JP BANKカードを利用することをオススメします。

西日本旅客鉄道株式会社について

西日本旅客鉄道株式会社では、安全への取り組みを最重要項目として掲げています。
安全は、常に最優先する事として、それを基本理念として全社員が取り組んでいます。
西日本旅客鉄道株式会社では、安全憲章というのがあります。
これは、安全に対する行動指針を示したものです。
このように西日本旅客鉄道株式会社では、常に安全である為の取り組みに対して積極的に行っている会社です。
また、西日本旅客鉄道株式会社といえば、鉄道に関することを思い浮かぶ方が多いでしょう。
この鉄道に関しても、安心、快適にご利用いただくために、様々な取り組みを行っております。
駅の構内や社内でのマナー啓発のために、様々なポスターを作成しております。
また、受動喫煙防止のための取り組みとして、喫煙可能な場所を限定しております。
在来線の普通列車では全席禁煙、特急列車では、全席禁煙の列車も多数あります。
一部の列車のみ喫煙が可能となっているのです。
西日本旅客鉄道株式会社では、鉄道の利用をより便利にするために、PiTaPaカードというのを始めました。
これは、関西圏では馴染みがあるカードですが、このPiTaPaカードは、鉄道やバスなどを便利に利用することができるカードです。
edyと同じようなカードです。
このPiTaPaカードが、JP BANKカードで作ることが出来るのです。
このJP BANKカードPiTaPaでは、もちろんもともとのゆうちょ銀行利用や、クレジットカードとしての利用もできますし、PiTaPaとして利用することも可能です。
西日本旅客鉄道株式会社では、こういったJP BANKカードPiTaPaを利用できるサービスも行っているのです。
関東ではあまり知られていませんが、関西に引越しなどをされる場合は、JP BANKカードPiTaPaをお作りになることをオススメします。
西日本旅客鉄道株式会社の鉄道を利用するには、とても便利なカードとなります。
ぜひお作りしましょう。

JP BANKカード 還元率について

JP BANKカードには、利用すると貯まるポイントサービスがありますが、このポイントによる還元率が他社と比べてどうなのかといった点をご紹介します。
一般的なクレジットカード会社が行っているポイントの還元率は、だいたい0.5%から1.0%の還元率としているところが多いです。
では、JP BANKカードの還元率はどうでしょう。
JP BANKカードのポイントは、1000円利用するごとに1ポイントが付与されます。
1ポイントのレートは、5円となります。
ということは、JP BANKカードの還元率は、0.5%になります。
この0.5%という還元率は平均的な還元率と同じということです。
このJP BANKカードの還元率を見てしまうと、あまり魅力は感じないかもしれませんが、このポイント還元率を上げることができるのです。
それは、JP BANKカードの利用方法にあります。
通常でのJP BANKカードの利用では、確かに1000円で1ポイントしか貯まりません。
しかし、JP BANKカードポイントUPモールを経由してのネットショッピングをすると、ポイントが通常の2倍から最大20倍も貯めることが出来るのです。
単純に、この20倍になるショップでのお買い物利用だけで考えれば、ポイント還元率もその20倍になるという計算になります。
また、JP BANKカードには、ボーナスポイントというサービスがあります。
このサービスは、年間の利用金額に応じて、ボーナスポイントが進呈されるサービスです。
仮に年間の利用額が50万円の場合は、100ポイントのボーナスポイントがもらえます。
300万円の利用額があった場合は、300ポイントのボーナスポイントをもらうことが可能になるのです。
こうして獲得できるポイントを増やせば増やすほど、還元率も上がり、お得になるのです。
このようにJP BANKカードでは、通常でのショッピング利用だけでは、還元率が平均的ですが、賢く利用することにより、還元率を上げることが可能になります。
こんなにお得に還元率を上げることができるJP BANKカードをお持ちでない方は、ぜひご入会することをオススメします。

JP BANKカード 保険について

日本にあるクレジットカードには、旅行傷害保険やショッピング保険などの各種保険が自動付帯してある保険がるクレジットカードもありますが、残念ながらJP BANKカードには、こういった保険が付いていません。
もしこういった保険が自動付帯されているクレジットカードを希望の方は、JP BANKカードゴールドへの入会をオススメします。
JP BANKカードゴールドには、色々な保険が備わっています。
JP BANKカードゴールドには、旅行傷害保険が自動付帯されています。
自動付帯とは、JP BANKカードゴールドへ入会をした時点で、保険を受ける権利が付いてくることです。
この旅行傷害保険とは、国内の旅行でも、海外の旅行でも対象となります。
旅行に利用する搭乗チケットの購入や、ツアー、パックの代金をJP BANKカードゴールドでお支払いをした場合に適用となります。
保険は、日常何事もなく生活している中では、重要性に気付けないことが多いですが、何かあってからでは遅いです。
そんないざという時のために保険は大事です。
特に海外旅行では、何が起こるかわかりません。
トラブルや事故に巻き込まれる可能性もあります。
そんな時にケガなどをした場合には、その損害金を補償してくれるのです。
また、海外の地域にもよりますが、急な病気で治療を受けなくてはならなくったときに、医療費が高額な地域も存在します。
仮に手術をするとなった場合は、何百万円と掛かるかもしれません。
そんな時に、旅行傷害保険があると安心です。
また、JP BANKカードゴールドには、ショッピング保険というのがあります。
これは、JP BANKカードゴールドを利用して買った商品などに保険が適用されます。
購入した商品が何かしらの理由で破損した場合や、盗難の被害に遭った場合などに、その損害金を補償してくれます。
このようにJP BANKカードゴールドには、色々な保険が自動付帯されている、お得なカードとなっています。

JP BANKカード 評判について

JP BANKカードの評判は、良い評判が圧倒的に多いです。
なぜ評判が良いのかというと、理由は色々ありますが、年会費が無料(条件付きで無料)といった点や、お得なポイントサービスなどが非常に評判が良いです。
まず、JP BANKカードの年会費が無料という点ですが、新規でのご入会の方は初年度の年会費が無料となっています。
さらに翌年以降も、条件をクリアすれば無料になるのです。
その条件とは、JP BANKカードの指定口座を給与の預入にするか、年金自動受取の口座に利用する、もしくは、ある一定以上の利用がある、公共料金の支払いをJP BANKカードで支払うなどがあります。
このどれか1つでも利用していれば、年会費が無料になるのです。
ゆうちょ銀行のキャッシュサービスが利用でき、かつクレジットカードとして、無料で利用できるといった点が、良い評判の理由の1つです。
また、JP BANKカードにはお得なポイントサービスがあり、これも良い評判の1つとなります。
まず、JP BANKカードでは利用するごとにポイントが付与されます。
この付与されるポイントは、利用する場所、利用方法によって付与されるポイントを多くすることができます。
そしてJP BANKカードで貯めたポイントは、色々な景品と交換することができます。
この交換できる商品が多数あることが、良い評判に繋がっています。
ギフトカードなどと交換することもできますし、提携会社のポイントと交換することもできるのです。
提携会社のポイントとは、飛行機利用にお得なマイルや、携帯電話会社のポイント、楽天スーパーポイントなどがあります。
これらのどれでも交換することができるのです。
これらのサービスを受けることが出来るため、評判が良いのです。
JP BANKカードは、非常に評判が良く、便利でお得なカードとなっています。
色々なサービスを受けることができるJP BANKカードを、まだお持ちでない方は、ぜひお作りしてみては、いかがでしょうか。

JP BANKカード マイルについて

JP BANKカードでは、利用するごとにポイントが貯まり、その貯めたポイントは、色々な景品や、提携している会社のポイントと交換することができるサービスがあります。
このポイントを貯めるには、JP BANKカードを利用する以外ないですが、この利用方法を効率とくするだけで、ポイントを多く貯めることもできるのです。
こうして貯めたポイントをお好きな景品やポイントと交換することができますが、この交換できるポイントには、飛行機の利用に便利なマイルに交換することもできます。
交換できるマイルは、ANAマイレージのマイルとなります。
JP BANKカードで貯めたポイントをANAマイルへと交換するには、事前にANAマイレージクラブへの入会が必要となります。
このマイレージクラブに入会をしておかないと、JP BANKカードのポイントをANAマイルへと交換することができませんので、ご注意下さい。
また、ANAマイレージクラブへの入会には、年会費が掛かります。
ANAマイルへの移行するには、最低200ポイントからとなっています。
200ポイント以降は、100ポイント単位で移行する事ができます。
JP BANKカードで貯めたポイントは、1ポイントあたり3マイルになります。
このANAマイルへの移行する方法は、JP BANKカードのWEBやモバイルから申し込むことが可能です。
また、お電話でもお申込みを受け付けおりますので、お好きな方法でお申込み下さい。
また、JP BANKカードで貯めたポイントのマイルへの移行には、手数料が掛かりません。
中には、マイルへの移行手数料が掛かるカード会社もあるので、非常にお得です。
お申込みをしてからマイルへとポイントが移行されるには、だいたい1週間程度となります。
このように、JP BANKカードで貯めたポイントは、ANAマイルに移行することもできますし、それ以外のポイントへと移行することができる、便利なサービスがあります。
これだけポイント交換できる商品が揃っているので、希望の商品が見つからないといったケースはまずないでしょう。
こんな便利なJP BANKカードをぜひご利用下さいませ。

JP BANKカード キャンペーンについて

JP BANKカードでは、利用者の方にとってお得なキャンペーンを色々行っております。
そんなJP BANKカードのキャンペーンをいくつかご紹介します。
まず、JP BANKカードでは、ビッグエコーでの優待サービスを受けられるキャンペーンを始めました。
このキャンペーンでは、ビッグエコーでのご利用時に、JP BANKカードを提示するだけで、割引きサービスを受けることができます。
この割引き内容ですが、室料の代金が30%引きとするか、飲み放題ドリンクバー付きコース、パック、フリータイム利用料金の10%引きのどちらかを選択することができます。
この割引きサービスは、他の割引きサービスとの併用はできませんので、ご注意下さい。
また、JP BANKカードでは、ポイント3倍キャンペーンというのも行っています。
このキャンペーンは、6月1日から7月31日までの期間にJP BANKカードをショッピングなどで利用いただくと、ポイントが通常の3倍もらえるのです。
このキャンペーンは、期間中にWEBから応募していただくことが条件となります。
この応募をしないと、JP BANKカードを利用しても、ポイントは通常分しか付与されませんので、ご注意下さい。
このキャンペーンにて獲得したポイントは、キャンペーン終了後にまとめ付与されますので、お待ち下さい。
さらにこれ以外にも、JP BANKカードのキャンペーンがあります。
そのキャンペーンとは、ゆうちょ銀行と無印良品のキャンペーンとなります。
期間中にJP BANKカードEXTAGEに入会して、期間中に10万円以上の利用をすると、ポイントが2倍になります。
さらに、無印良品ネットストアで5000円以上の利用をすると、無印良品のギフトカード500円分がプレゼントされるキャンペーンとなります。
これ以外にも、投資信託の購入でもらえるキャンペーンなども行っており、JP BANKカードは、利用者の方にとってお得なキャンペーンを多数開催しております。
こんなにお得なキャンペーンを多数行っているJP BANKカードをまだお持ちでない方は、ぜひこの機会にお作りすうことをオススメします。

JP BANKカード ポイントについて

JP BANKカードでは、ショッピングでのクレジット利用でポイントが貯まるサービスがあります。
JP BANKカードの一般カードの利用では、1000円ごとに1ポイントが付与されます。
また、ゴールドカードの利用では、1000円ごとに2ポイントが付与されます。
また、これ以外にも、JP BANKカードでポイントを貯めることが可能です。
JP BANKカードには、ボーナスポイントというのがあります。
これは、前年度の利用金額に応じてボーナスポイントがもらえるというサービスです。
例えば50万円の利用が前年度にあった場合は、50ポイントがもらえます。
JP BANKカードの利用が300万円あった場合は、300ポイントももらうことが出来るのです。
このボーナスポイントでは、JP BANKカードでの利用が多ければ多いほど、ポイントをもらうことが出来るサービスとなります。
さらにこれ以外にもJP BANKカードを貯める方法があります。
それは、JP BANKカードポイントUPモールを利用することです。
これを利用してのお買い物では、ポイントが2倍から最大20倍もポイントが付くのです。
このJP BANKカードを利用して貯めたポイントには、有効期限がありますのでご注意下さい。
有効期限は、獲得をした月から2年間となります。
こうして貯めたJP BANKカードで貯めたポイントは、様々な景品や提携会社のポイントへと交換することができます。
景品には、ギフトk-アドや、ギフトカタログなどからお選びすることができます。
また、提携会社のポイントへの交換は、携帯電話会社のドコモやAUのポイントと交換することができます。
また、飛行機の利用にお得なANAマイルに交換できたり、楽天のスーパーポイント、ビックカメラやT-PINTOにも交換することができます。
これ以外にも交換できるポイントは多数あります。
JP BANKカードで貯めたポイントを確認したい場合は、WEBからの確認をすることができます。
あらかじめWEB会員を登録することで、この便利なWEBサービスを利用することができます。
ここでは、ポイントの残高確認や利用状況、その他個人情報の変更なども行う事が可能なのです。
このようにJP BANKカードで貯めたポイントは、色々な景品やポイントと交換することができ、非常にお得なカードとなっています。

JP BANKカード 年会費について

JP BANKカードは、クレジットカードとしての機能も加わっている為、年会費が有料となっています。
しかし、JP BANKカードを入会した年(初年度)の年会費は無料となっています。
翌年以降は、年会費が有料となるのですが、ある条件をクリアすると、翌年以降も年会費が無料となるのです。
この無料になる条件はいくつかあります。
公共料金などのお支払いをJP BANKカード払いにしている方、お買い物での利用をJP BANKカードで一定以上利用している方、JP BANKカードの指定口座で、給与の預入れや、年金自動受取りを利用している方が、年会費無料となる条件になります。
今挙げた条件のうち、どれでも1つ利用していれば、年会費が無料となります。
また、JP BANKカードでは、家族カードも発行しております。
家族カードの発行も、初年度は年会費が無料となります。
翌年以降の年会は、420円になります。
また、JP BANKカードには、JP BANKカードEXRAGEというカードも発行しています。
このカードの特徴は、18歳から29歳までの方限定のカードで、このカード専用の特典やサービスを受けることができます。
このJP BANKカードEXTAGEは、18歳から29歳までの限定カードで、このカードへの新規入会から5年間は、年会費が無料なんです。
JP BANKカードでは、こういったカードも発行しております。
さらにJP BANKカードでは、ゴールドカードの発行もしております。
このJP BANKカードゴールドでは、一般のカードよりも1ランク上のカードとなっており、年会費は10500円と高めに設定されています。
このJP BANKカードゴールドの入会資格は、25歳以上となっており、ゴールドカードならではの特典が満載です。
年会費10500円を支払うだけの価値があるカードとなっています。
このようにJP BANKカードでは、受けることが出来るサービスや特典によって色々なカードを選択することが可能で、利用者の用途に合わせてお使いいただけます。
JP BANKカードは年会費無料で利用することができ、充実したサービスを受けることができるカードです。

JP BANKカード 審査について

JP BANKカードは、ゆうちょ銀行のキャッシュカードとしての利用だけではなく、クレジットカードとしての機能もある為、JP BANKカードを作るには、所定の審査を受けて通らなければ、カードを発行することができません。
このJP BANKカードの審査についてご紹介します。
まず、JP BANKカードへの入会資格ですが、18歳以上で安定した収入がある方、ゆうちょ銀行に口座を持っている方、日本国内にお住まいの方などが、入会資格となります。
簡単に言えば、18歳以上で仕事をしていれば、誰でも申し込むことができるということです。
では、JP BANKカードの審査ですが、申し込むカード会社によって審査をする会社が違ってきます。
ビザやマスターカードを選択した場合の審査は、三井住友カードが審査を行います。
JCBカードを選択した場合の審査は、JCBが行っています。
特に三井住友カードの審査は、厳しいとの評判があります。
どちらの審査を受けるにしろ、JP BANKカードへお申込みをすると、最初に信用情報機関への照会を行います。
この照会では、お申込みをされた方の、借入れ状況や過去の利用履歴などを確認します。
ここで、過去に金融事故などを起こした事がある方は、審査不合格となります。
また、過去にそういった事故がなくとも、現状で他社からの借入れが多数ある方や、返済が滞っていたりする方も、審査に通ることは厳しいでしょう。
JP BANKカードの審査では、この信用情報機関への照会で問題がなければ、次に属性の審査となります。
属性とは、お申込みをされた方の仕事や年収、勤続年数などを点数化して審査します。
この点数が、ある一定以上に達しないと審査が通らないといった仕組みです。
ここでは、年収などよりも、勤続年数や居住年数などの項目が重視されます。
たとえ年収が1000万円以上あったとしても、勤続年数が半年以下だったりする場合は、審査に通らない可能性が高くなります。
逆に年収が低くても、勤続年数が長いと、審査が通りやすいでしょう。
JP BANKカードでは、こうした審査に通りますと、約1~2週間程度でカードがお手元に届きます。

JP BANKカードについて

JP BANKカードとは、ゆうちょ銀行のキャッシュカードとしての機能にクレジットカード機能が加わったカードです。
このJP BANKカードでは、もちろんゆうちょ銀行のキャッシュカードと変わらず利用することができます。
さらに、クレジットカードとしての機能性も申し分ないです。
このJP BANKカードを作るには、VISAカード、マスターカード、JCBカードから選択することが可能です。
このJP BANKカードは、クレジットカードとして利用するにあたり、色々なお得で便利なサービスがあります。
このJP BANKカードでは、クレジット利用するだけでなく、キャッシングができるサービスがあります。
ご利用枠の範囲内であれば、いつでも繰り返してご利用することができるサービスです。
ご返済は、リボ払いか一括払いでの返済ができます。
このキャンシングの利用は、店舗への来店をしなくとも、インターネットやお電話でのキャンシングを行うことも出来るのです。
インターネットからキャッシングを利用した場合は、指定の口座へ振り込んでくれるのです。
非常に便利なサービスとなっています。
また、キャッシング時に一括返済を選択しても、あとからリボ払いに変更することも出来るのです。
JP BANKカードには、こういった便利なキャッシングサービスがあります。
また、JP BANKカードを利用してのショッピングなどでは、利用額に応じてポイントが貯まるサービスがあります。
JP BANKカードの利用1000円ごとに1ポイントが付与されます。
また、このポイントサービスには、前年度の利用金額に応じて、ボーナスポイントが進呈されるサービスがあります。
50万円の利用の場合は、50ポイントが進呈されます。
さらに利用額が多い方は、金額に応じてさらにボーナスポイントをもらうことが出来るのです。
こうして、JP BANKカードを利用して貯めたポイントは、カタログギフトやギフトカード、キャッシュバックや提携先のポイントへの交換が可能です。
JP BANKカードでは、利用でポイントを貯めて、お得な景品へと交換することができるのです。
JP BANKカードでは、これ以外にも様々なサービスが多数あり、非常に優れたカードとなっています。ただ即金には仕えませんのでご注意ください